エストレヤのバッテリー交換のやり方。バイク初心者でも簡単。

3ヶ月放置していたエストレヤ(BJ250A)のバッテリーが上がってしまい、動かなくなってしまいました。やはりバイクは定期的に乗らないといけませんね。

バッテリー交換はバイク屋に頼むと1〜2万円は確実に取られますので、それなら自分でやってしまおうと思い通販でバッテリーを購入。

今回は、愛車であるエストレヤ(BJ250A)のバッテリー交換をやってみたいと思います。ネット情報を見ながら初めての挑戦でしたが意外と簡単でした。

目次

まずはエストレヤ(BJ250A)に適したバッテリーを購入

最初から充電済みのYUASA YTX9-BSを、Yahoo!ショッピングで購入。純正品ではなく互換バッテリーですが、純正の半額以下の4000円程度で購入出来ました。

互換バッテリーと言えど定評のある「台湾YUASA」のもので、販売元の1年保証もついています。使い終わったバッテリー回収も+700円のオプションで選べるので便利

ひさしのアイコン画像ひさし

手書きの様な手紙も入っていて、とても親切な業者さんだった

動かなくなったバイクのシートを外す

このエストレヤずっと放置していたため、キースイッチを入れても何も反応しません。まずはバッテリー交換の為座る部分のシートを外します。

シートを外したらヒューズボックスを外す

シートを外したら、上にある保護用のゴムシートで覆われていました。このゴムシートめくって黒いヒューズボックスを外していきます。

ヒューズボックスは差し込んであるだけだったので、ずらすだけで簡単に外れました。次はこの下のバッテリーを固定しているネジを外します

ひさしのアイコン画像ひさし

赤い線はUSB充電出来るように自分で付けた

右下にネジが一箇所止まってあるので、プラスドライバーで外していきます。これがバッテリーを固定しているネジらしい。

右のサイドカバーを外す

次に、バッテリーが収納されている右のサイドカバーを外す作業。上と下の2箇所で止まっているのでプラスドライバーでネジを外していきます。

ネジを外すとカバーの上の部分が本体の突起物に刺さる様にハマっているので、下にずらしながらカバーを引っ張るとうまく外す事が出来ます。

バッテリーはマイナス端子から外す

次はいよいよバッテリーの端子を外していきます。エストレヤの場合、ヒューズボックスの前面下側に隠れる様にありました。

上の端子が邪魔でまっすぐドライバーを差すことが出来ませんが、なんとかこのままネジを外すことが出来ました。ネジを落とさない様に注意。

ひさしのアイコン画像ひさし

バッテリーを外す時は必ずマイナス端子から

バッテリーのプラス端子も外す

次は、プラス側の端子も外していきます。赤い保護カバーをめくりながらプラスドライバーを回して、ネジを外していきます。

バッテリーを交換

両方の端子が外れたら古いバッテリーを取り出します。最初にバッテリーを固定しているカバーネジを取っているのでスムーズに取り出せました。

取り出したのは純正バッテリーのGS YUASA [ ジーエスユアサ ] YTX9-BS6年間一度も交換していなかったのですがよくここまで頑張ってくれました。

長距離ツーリングをする人や、バッテリー寿命を重視したい人は純正バッテリーがいいかもしれませんね。さすがの耐久性です。

古いバッテリーを取り出したら、新しいバッテリーにネジの受ける金属を入れます。新品のネジもついていきたので、今まで使っていた錆びたネジとはここでおさらば。

ひさしのアイコン画像ひさし

次は新しいバッテリーを装着

新しいバッテリーはプラス端子から接続する

新しいバッテリーをバイクに装着し、今度はプラス端子からつけていきますドライバーの金属部分がバイクのフレームなどに当たらない様に注意

次にマイナス端子をつけるのですが、隙間からドライバーを差していくので少し回しにくかっったです。マイナス端子はフレームに当たっても問題ありません。

エンジンがかかるか確認して、元に戻して完了

端子を繋いだら、エンジンがかかるか確認。エンジンがかかれば、バッテリーを固定しているネジを取り付けて元に戻していきます。

まとめ:エストレヤのバッテリー交換は簡単だった

全て元に戻してエンジンをかけてみると、エストレヤが完全に復活しました。以前よりエンジンの掛かりも良くなったと思います。

初めてのバッテリー交換でしたが、特に迷うことなく作業出来ました。ネット情報に何でも解決方法があるので、本当にありがたいですね。

今回は互換バッテリーですが、何も問題なく元気に動いています。商品のレビュー通り品質もいいのに1年保証が付いて4000円という低価格。

バイク屋に頼むと4〜5倍の値段がかかるので、バッテリー交換は自分でやってみる事をおすすめします。案外簡単ですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる