【隠れた名作】ヘインズのビーフィーサーマルパンツ

ヘインズのビーフィーサーマルパンツ

ヘインズのビーフィーと言えばTシャツを思い浮かべる人も多いと思いますが、個人的にそれと並ぶくらい名作と言えるのがビーフィーサーマルパンツです。

一度お試しで購入し、すぐに色違いを購入したほどお気に入りの1着となりました。部屋着としても、コンビニまでのワンマイルウエアとしても使いやすく優秀です。

夏は涼しく1枚で、冬はパンツの下にインナーとして着用すればとても暖かく快適。季節問わず履けるパンツって衣替えの手間が省けて嬉しいですよね。

目次

ノンストレスな素材

ヘインズのビーフィーサーマルパンツ

ビーフィーサーマルパンツは履いてることが全く苦にならないので、着用率が一番高いパンツとなりました。やっぱり楽な服に自然と手が伸びてしまうんですよね。

ストレッチ性のある柔らかい素材のおかげで、どんな体制をとっていてもストレスになりません。この感覚は他のスウェットやジャージを履いている時とは違う新しい感覚かも。

ヘインズのビーフィーサーマルパンツ

汗をかいたりするとベタベタ感がどうしても気になりがちなのですが、素材自体がワッフル状になっているため肌に当たる面積は少なく不快感は最小限です

「寝巻き」としても使いやすいのでローテーションして一日中履いてることも。就寝中って意外と汗かくし、動きやすいビーフィーサーマルパンツがピッタリだったりします。

ひさし

サーマルってよく出来てる

ポケット付きが嬉しい

ヘインズのビーフィーサーマルパンツ

パンツとしては当たり前かも知れませんが、意外とインナーパンツってポケットがなかったりするんですよね。部屋着として使う場合はポケットは必須なのでありがたいです。

また、ウエストを調整するドローコードは薄いので、寝そべった時に腰に違和感がないのもGood。インナーとして使う場合もちょっとした厚みが不快になったりしますからね。

ビーフィーサーマルパンツのサイズ感

ヘインズのビーフィーサーマルパンツ

私の場合、170センチ程度の普通体型で「Mサイズ」を着用しています。ウエストはドローコードの調整無しでジャストフィット、丈の長さも丁度良いサイズ感でした。

全体的に程よくゆとりがあり締め付ける部分がほとんどないので、ずっと履いていてもノンストレスです。太過ぎない、細過ぎない絶妙なシルエットが良いですね。

ひさし

細過ぎると肌着感が出て苦手なんですよ

ヘインズのビーフィーサーマルパンツ

太もも部分は少し緩めに見えますが、裾に行くほどテーパードしているので「野暮ったさ」はありません。手首、足首など先端が細いと「スッキリ」見えるらしい。不思議。

ひさし

ファッションバイヤーのMBさんから学びました

寒い日はインナーとして

ヘインズのビーフィーサーマルパンツ

寒い日は普段履くパンツと2枚履きして着用しています。サーマルの生地が空気の層を作ってくれるので、どのパンツを履くよりも暖かく感じました。

細身のパンツの下だと少しモコモコなってしまうかと思ったのですが、サーマルの生地が薄いためほとんど気にならず。これで「冬専用のパンツ」とはお別れです。

コーディネート

ブラックのサーマルパンツ

ヘインズのビーフィーサーマルパンツ

黒のスタンスミスビーフィーTシャツで合わせたコーディネート。モノトーンコーデならカジュアル過ぎず、近所に出かけるのも全く気になりません。

ヘザーグレーのサーマルパンツ

ヘインズのビーフィーサーマルパンツ

白いスニーカーとビーフィーTシャツと合わせたコーディネート。少し部屋着感が強めなのですが、ポイントで黒のキャップやサコッシュなどと合わせると意外と良い感じです。

デメリット

ヘインズのビーフィーサーマルパンツ

お気に入りが故にずっと履き続けているビーフィーサーマルパンツ。デメリットをあげるとすれば、お手入れを怠れば「ダサい」に変貌してしまうと言うことでしょうか。

黒は埃が付きやすく、グレーは汗染みが目立ちがち。「いかにも部屋着」感が出ないように、小まめに表面の汚れや糸のほつれなどのチェックは必要かもしれません。

ひさし

愛着を持つことは大事

ずっと使えるタフなサーマルパンツ

ヘインズのビーフィーサーマルパンツ

サーマル生地って今まで試したことがなかったのですが、こんなにも機能性が高いものだとは知りませんでした。夏は涼しく、冬は暖かいって最高ですよね。

パンツって腰で履くものなので締め付け感だったり、肌への密着感だったり、結構シビアだったりします。でも、サーマルパンツを履いてからストレスとはおさらば。

ずっと履いていたい」と思うくらいお気に入りの1軍アイテムなりました。ビーフィーシリーズってどれも好評なので、別のウエアにも興味津々です。

コメント

コメントする

目次