財布を持たない選択。マネークリップとコインケースで暮らす

財布って結構持ち歩くにもかさばるし、コンパクトにしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そんな時は思い切って「持たない選択」もありかと思います。

正確にいうと、マネークリップとコインケースを併用、必要に応じてカードケースも持ち歩くということです。つまり、究極までミニマムにするということ。

私自身、10年以上財布を持っていないのですが、全く苦にならないどころか快適に過ごしています。スマホに電子マネーなどが普及したのも大きいですね。

目次

お気に入りのマネークリップ:ルイヴィトン

私が気に入っているのはルイヴィトンの「マネークリップ」です。革製なので、使っていくうちに味が出てきて愛着が湧いてくるんですよね。

磁石が付いているので、お札を「ぱちっ」と挟むだけ。気軽にポケットに入れられるので、スキニーパンツのポケットに入れておいてもかさばりません。

ひさしのアイコン画像ひさし

使い勝手がいい

ですが、今まで失敗した点もあります。

  • 酔ってしまって紛失した(現在2代目)
  • 洗濯機に入れて色が濃くなった
  • カードを挟んで、磁気で情報が飛んだ

基本的に財布と同様、気をつけていればこのようなことはないのですが、慣れてないうちはポケットに入れっぱなしなんてこともあるかもしれません。

お気に入りのコインケース:エルメス

マネークリップと併用しているのがエルメスのコインケース「バスティア」です。こちらは誕生日プレゼントとして大切な仕事仲間から頂いたもの。

ひさしのアイコン画像ひさし

センスが良すぎる

当時、特に「ミニマリスト」ではなかったのですが、このエルメスのコインケースは革一枚で作られているため、究極にミニマルなのです。

高品質な素材を使っているせいか、結構肌触りもいいんですよね。色も一生懸命悩んで選んでくれたので、そういった背景からも愛着が湧いてきます。

ひさしのアイコン画像ひさし

ずっと使っていきたい

お気に入りのカードケース:パトリックステファン

伊勢丹で購入した「パトリックステファンのカードケース」。シンプルで使いやすいデザインに、すこし濃い目のカラーがお気に入り。

ディオールのクチュール部門にいたデザイナーブランドとだけあって、このような小物でも「さりげなくおしゃれ」に作られているんですよね。

カードケースの中身は、免許証、クレジットカード、保険証くらいです。ポイントカード系は、ほとんどスマホアプリに移行できたのですっきり。

本当はブランドのアイコンでもある「アトリエバッグ」を購入する予定だったのですが、ショルダーポーチとカードケースに目を惹かれて購入してしまいました。

ひさしのアイコン画像ひさし

買い物あるある

私なりのマネークリップの使い方

基本的にはスマホ決済なので「使えなかったときの保険」として、いつもマネークリップをパンツのポケットに入れて持ち歩いています。

カードケースとコインケースは近所であれば持ち歩きません。必要そうな時は、アウターのポケットやサコッシュの中に入れて持ち歩いています。

ひさしのアイコン画像ひさし

ほとんどスマホだけで補完できる

「最初から財布にしておけば良い」という意見もありそうですが、出かける用事によって荷物を最小限に出来るのが最大の強み。落とした時のリスク分散もできます。

ポイントカード類はスマホアプリに移行、出来なかったものは「捨てる」という選択肢が大事。無駄に持っているコストの方が高くつくという考え方です。

財布を見つめ直す

スマホでの決済が普及してきた現在では、財布のあり方が変わってきています。ミニマリストが認知され、薄型に特化した財布も出てきました。

時代が急速に変わりつつあるなかで、一度勇気を持ってマネークリップ、もしくは財布のコンパクト化を目指してみてもいいかもしれません。

身軽を経験している私としては、重たい財布にはもう戻れません。私が大事にしているのは、なによりもストレスフリーです。

URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる