プロテインはビーレジェンドがおすすめ【体づくりで美肌効果も】

栄養補助食品
スポンサーリンク

プロテインとは何かご存知ですか?

プロテインとはずばりタンパク質です。タンパク質を英訳したものをプロテイン(protein)と言います。

骨、髪、内臓、爪など人間の体はほぼ「水」と「タンパク質」でできているのです。タンパク質は肌にとって一番大事な栄養素。

タンパク質が不足していると肌が荒れたり体調を崩したりと良い事はありません。

今回はプロテインの効果と、私が何年も飲み続けているおすすめのものを紹介しようと思います。

スポンサーリンク

プロテインはビーレジェンドがおすすめ

今回おすすめするのはビーレジェンドのホエイプロテインです。筋トレ時や間食、就寝前と行った際にシェイカーに入れて飲んでいます。

おすすめの理由

  • どの味を選んでもタンパク質含有量が20g以上
  • 国内メーカーで圧倒的に安い
  • 味の種類が豊富(20種類以上)
  • 味に迷っている人でも13種類のお試しセットがある
  • 水に溶けやすい
  • 土日祝日でも発送している

とメリットだらけです。大事なポイントはタンパク質含有量と継続性(飲みやすさ、コスト)です。

Hii
Hii

では、ポイントをチェックしていこう

タンパク質含有量

プロテインを飲む目的は、「タンパク質をしっかり摂れること」にあります。1食当たりどれくらいのタンパク質が含まれているかが重要です。

値段が安くてもタンパク質含有量が少ないなんてこともあり得ます。

その点、ビーレジェンドはどの味を選んでも1食当たり20g以上と十分。通常出回っているプロテインは15〜19gのものも多いです。

継続性(飲みやすさ、コスト)

毎日続けて飲むことが前提なので、味が好みかコスパは良いかは重要になってきます。特に味が合わないと飲むのが苦痛になりプロテイン自体苦手になるでしょう。

ビーレジェンドはフレーバーが20種類以上と豊富なので味に困る事はないと思います。またコラボを頻繁にしており、限定の味なんかも楽しめるのが嬉しいです。

昔はどこのメーカーのプロテインを飲んでも美味しくなく、無理やり飲むものでしたが、最近のプロテインは本当に美味しいです。

私のおすすめの味は激うまチョコ風味です。こちらは人気の味で本当にココアみたいでプロテインとは思えないほど。甘すぎず間食にも良いです。

一番安く一番売れている味、無難に飲み続けるならナチュラル(ミルク風味)が良いです。コスパも良くシリアルなんかに混ぜても違和感なくタンパク質を摂取できます。

他の味もハズレなく、全部美味しいのでおすすめしきれません。お試しセットと言うものがありますので、最初はこちらで好みの味を見つけるのが良いと思います。

シェイカーはザバスのものを使っております。口が広く洗いやすい事とサイズ感も1食分でぴったりです。毎日使うモノなので洗いやすさは意外と重要です。

プロテインを飲む理由

元々パーソナルジムでインストラクターに勧められたのがきっかけです。

本当は肉を食べてタンパク質を自然に摂取するのが一番良いのですが、毎日必要なタンパク質を取ろうと思ったら、食べる量も大変でコストもすごくかかります。

現実的で無理のない摂取の仕方がプロテインだと教わりました。それからプロテインのことや効果など調べていくうちに体にとって必須の栄養素だと知り毎日飲んでます。

プロテインでの嬉しい効果

飲んで数週間は特に効果は分かりませんでしたが、毎日続けて2ヶ月くらい経った時気づいたんです。ニキビが出来てないし、肌にハリがある。

ジムに通っていたのもありますが昔からトレーニングはしていたので、飲み続けてからの肌のハリの違いはわかりました。

現在はトレーニングは出来ていませんが美容のために飲み続けています。また、夜小腹が空いたときプロテインなら固形物ではないのでダイエットにも最適です。

プロテインは太るのか

プロテイン単体では間違いなく太りません。特に大豆を原料としたソイプロテイン、吸収が遅めのカゼインプロテインはダイエット向けに作られています。

プロテインは間食時や就寝前の食事の代わりとして飲むことで、ダイエットに繋ぐことが出来ると言えます。

プロテインで臭くなるのか

プロテインで臭くなるか。半分正解ですがこの場合摂取のしすぎか、偏食の場合に限ると思います。

なんでもそうですが過剰摂取すると体に異常な反応が出てきますよね。バランスが悪いと悪玉菌が増え腸内環境が悪化する可能性があります。

また、プロテインを過剰摂取をしエネルギーを沢山使うようなキツいトレーニングを行った場合、肝臓が処理しきれずアンモニアが作られる可能性はあります。

汗とともにアンモニアが排出されますので汗の臭いが臭くなる事は否定できません。しかし、過剰摂取による極端な場合ですので通常摂取する分には問題はありません。

プロテインで筋肉はつくのか

プロテインだけでは筋肉はつきません。ジムに行った事がある人は分かると思いますが筋肉なんてなかなかトレーニングしてもつかないのです。

どれだけ過酷なトレーニングをしてプロテインを摂取しても数ヶ月たってやっと脂肪が燃焼して筋肉が浮き出てくるくらいなので、簡単に筋肉がつくならジム要らずと言えます。

ジムのトレーナーは毎日ハードなトレーニングを重ねた上で、栄養が不足しないように食生活も気を使って体を大きくしています。

女性の場合は特に筋肉がつきにくいので、相当ハードなトレーニングを続けない限り体が筋肉質に変化する事はないでしょう。

プロテインのデメリットと対策

牛乳・乳製品でお腹を壊しやすい人はホエイプロテインを飲んでお腹を下すこともあります。

ホエイプロテインは牛乳から精製されるプロテインパウダーなので、相性が悪い人は植物性のソイプロテインでタンパク質を摂取することが可能です。

また、過剰摂取すると肝臓や腎臓にも負担がかかり臭いの原因だけでなく、むくみや頻尿、体が疲れやすくなるなどの症状があります。

飲む量を少なくするか、乳酸菌を含むドリンクヨーグルト、食物繊維が豊富な海藻類、納豆などの発酵食品を取ることで、腸内の善玉菌を増やしバランスを取ることができます。

まとめ

私自身プロテインを飲む前は、トレーニングする人が飲むのもと勘違いしておりました。しかし、お肉をあまり食べない日本人はタンパク質不足なのです。

肌や体を作っているタンパク質の重要さを知った今は、お肉を食べない日はプロテイン、お肉を沢山食べる時は控えめにするようにとバランスをとっています。

美容と健康のためにも美味しく飲めてコスパの良いビーレジェンドのプロテインがおすすめ。

栄養補助食品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Hiiをフォローする
ミニマリストの美容ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました